冷静に「これじゃありませんよ」などと言ってみて

*** PR ***

  • クレジットを店頭において決済する場合もれなく体験したことがあるのではないかと思うのだが店頭の人が慣れていないためにどちらの明細をお客さんの方へ渡せば良いのか迷うことがあるはずです。任意整理の費用

    というのも、カードを処理するとカード端末から紙が出力されるからであり、それらのうちどの1枚をお客様に差し出すのか迷ってしまうということがあるのです。運動療法

    3枚1組の利用明細の説明》これらの3枚1組の使用レシートの解説とはいかなるものかを要約すると下の通りです。ボニック

    1お客さんに渡すべきレシート。コンブッカ定期購入後の解約条件・解約方法とは?!

    2店舗控え用の利用明細。カードローン 在籍確認

    3クレジットカード会社保管用紙(署名を書く紙)。

    普通であれば例外なくカード利用者のもとへ保管してもらう明細の方を渡してくれるものですが時には、店舗控え用の明細レシートをお客さんのもとへ誤って渡してしまった場合や、記名した側の利用レシート自体を渡すようなというような重大なミスも見受けられるのです。

    このパターンはパートの担当者であるとか、普段クレカが使われないお店にてクレジットを使用する際、そのようなレジ担当者の迷いを見れると思います。

    (笑)。

    もしも店員が違う方の使用レシートというものを提示してきた場面では、冷静に「これじゃありませんよ」などと言ってみてはいかがでしょうか。